HOME > コラム > 住宅コラム > 日本のリフォーム費用はなぜ高い? 法規制の多さが日本のリフォーム費用を押し上げている

BLOG 住宅のコラムとニュース

2015年02月03日

日本のリフォーム費用はなぜ高い? 法規制の多さが日本のリフォーム費用を押し上げている

海外に比べ日本のリフォーム費用はなぜ高いのか?

海外のマンションリフォームの映像をご紹介いたします。
工事期間が4か月もかかったというリフォームに、専門の技術者ではなく、これまで経験が一切なかったという素人さんが挑んだそうです。アマチュアとはいえ、出来栄えもたいしたもので、リフォーム工事がどのように進んでいくのかも参考になります。

さて、日本のリフォーム費用がなぜ高いのかというと、この映像からもわかるようにリフォームも労働集約産業で、物価の高い日本では、より人件費≪建築では作業員の数のことを人工(にんく)といいます≫がかかるからですリフォームやリノベーションは、手作業で解体して組み上げ加工するため、どうしても新築よりも割高になります。

また、海外に比べて規制の多さがリフォーム価格を相当押し上げています。改装や改築工事をするのにも、無意味な規制が山のようにあり、建築関係の規制のほか、防火規定、水回りの規制など、すべてクリアしなければなりません。今後も法規制は強化されていくでしょう。私たちの消費支出(生活費)や税金の一部には、隠れた目的がありコントロールされています。みんなが気づかなければ、日本人は穴があいた財布をもっているのと同じです。

※2016年3月31日までのリフォーム工事着工・着手分、または予算限度額まで、省エネ性の高いリフォームやバリアフリー改修など、ポイント制度に対応した工事をおこなうと「住宅エコポイント制度 エコリフォーム(国交省資料から)」が利用できます。

出典:http://news.aol.jp/2015/01/21/20min_reform/

匠建枚方のリフォームとリノベーション

【匠建枚方の評判のリフォーム PR】

上の映像でもわかるように、たとえ小規模リフォームでも、大工や職人の技術で出来栄え(品質)に大きな差がうまれます。なにせ、新築に負けず劣らず、いや、リフォームこそクレーム産業です。

匠建枚方は10名ほどの工務店ですが、お客さまの信用は、リフォームを取り扱っている大手に匹敵すると思っています

枚方市でのリフォームのほか、大阪全域や京都市より南部、現在は神戸でもRCのリノベーションの受注を頂いています。「品質や仕上がりが、やっぱり大切だ!」とお考えなら、匠建枚方のリフォーム・リノベーション価格はとてもお安いでしょう。

お問い合わせ・資料請求・ご質問
こちらの問い合わせフォームからカンタンに内容を記入して送信ねがいます。※MILEやFAXからでもけっこうです。MAILE:shoken.hirakata@hb.tp1.jp FAX:072-855-7607 または、お電話からお問い合わせください:TEL 0120-850-515

職人(作業員)の人件費の数え方 にんくは【人工】とは?

にんくは【人工】と書き、他の方の回答の通りで その仕事にかかる作業員の数の事を言います。作業員一人=1人工。この工事内容なら左官が5人工かかると言う感じで使います。なぜ何人(にん)ではなく何人工(にんく)かは、昔はにんくと言わずにんこうと言っていたらしくそれがにんくとなったそうです。(ヤフー 知恵袋から)

to top

page
top