注文住宅にタイプがあると聞きましたが|注文住宅、土地探し、建て替え、リフォームなどのQ&A

FAQ よくある質問

カテゴリ一覧

注文住宅にタイプがあると聞きましたが

2つのタイプがあります。ハウスメーカーやローコスト住宅に多い「企画型(規格型)注文住宅」と、建築設計事務所に多い「オーダーメイドの注文住宅」です。匠建枚方は規格タイプの注文住宅も可能ですが、施工主が希望する家が建つ「オーダーメイドの注文住宅」を主力に提供しています。当然ご予算で内容が変わりますが、それはどんな住宅会社でも、規格タイプでも同じです。

注文住宅の商談

規格型注文住宅は自由にはなりません。デザインや間取り、内外装、設備、構造がある程度決まっていますので、与えられた選択肢の中から選ぶというイメージです。本来の自由設計は「オーダーメイドの注文住宅」のことを指します。こちらは施工主のご要望を反映することができます。また、匠建枚方では設計士がお客様の理想が叶うように提案いたします。

注文住宅に2つのタイプがある裏の事情

どっちのタイプ?

どちらのタイプが良いかと問われれば、お客様にとっては、(予算の範囲内なら)何でも自由になる「オーダーメイドの注文住宅」がいいに決まっていますよね。ただ、決めることが多いので、それが面倒だと考えるタイプの方には不向きなのかもしれません。

匠建枚方は安心価格で提供できていますが、ふつうは注文住宅は高額になります。時間がかかるし、積算する、見積もりを作る手間が半端じゃない。設計士のレベルが高くなくては対応できない。ようするに人件費がかかるのです。これらが注文住宅が高額になる主な理由です。

規格型の注文住宅は、材料のコストを落とすために、1階と2階の面積がほぼ同じの総2階建て、箱型タイプが多いことにお気づきでしょうか?大幅な間取りの変更を防ぎ、仕様の変更にも制限を設けているのも、完成までの時間を圧縮するのも、コストを下げるためです。高くては売りにくいので。

匠建枚方の注文住宅が売れている理由は、規格型の注文住宅と同じくらいの費用で、「オーダーメイドの注文住宅」のオーナーになれるからです。

to top

page
top