注文住宅の自由設計は面倒だという人もいるのですが|注文住宅、土地探し、建て替え、リフォームなどのQ&A

FAQ よくある質問

カテゴリ一覧

注文住宅の自由設計は面倒だという人もいるのですが

おそらく、その方は数年以上前に建築された方ではないでしょうか。いまはネットの時代、しかもスマホを私たちは日常的に使います。当社のお客様はスマホに保存したお気に入りの画像を準備してこられます。

以前は、参考画像を私たちに提示するのに、住宅雑誌を買ったり、図書館で借りたりして抱えるように来られました。いまはスマホひとつです。自由設計は面倒は、ご説明したように、現在はすでに昔の笑い話のようになっています。

スマホで住宅の画像を集める女性

オーダーメイドの注文住宅のよいところは、ご自分で愛着を感じること。たしかに、決めることがたくさんあるので多少は苦労します。でも一生に一回か、数十年に一回の新築。その苦労も思い出になるのです。そうお客様がおっしゃるんですよ。「たしかに大変なところはあったけど、いまとなっては懐かしい思い出です」「主人ともよく話するんですよ、ほんまに注文住宅でよかったたなーって」

一般的な自由設計は何度も書いていますが、多くが制限されています。それは、ビジネスのうえでしかたないことかもしれませんが、多くのことを住宅業者があなたの代わりに決めていることに他なりません。「はらたちませんか!」。「こんな場所にドアつけたらモノおけんやろ!」「窓の位置もっと考えてほしかなー!」「収納の数少なすぎ!」「天井収納庫、物入少ないんやからいるやろ」。

お客様と設計士との共同作業で作り上げる、匠建枚方の注文住宅ならそんなことにならないでしょう。100%成功とはいかない場合でも、すべて愛嬌ですませられます。なんせ決める回数制限をもうけていないので考えるチャンスはあったはず。そのときはベストの選択をされたんです。だから、みんな許せるし、それもかわいい思い出になる。

匠建枚方の建築士と楽しい思い出づくりしませんか。ただ、お客様もそうですが、100%満足を目指して、スタッフが精一杯提案いたしますよ。

 

 

to top

page
top