BLOG 匠建枚方 新築ブログ

2021年04月28日

網戸使用時に虫の侵入を防ぐには網戸を正しく使うこと

イメージ

寒いと思っていたらもう5月。月日は移り変わり、やがて「ブ~ン」、蚊のシーズンがやってきます。網戸を締め切っていても、「いやですよね~」、たまに蚊や小さな虫が室内に入ってくることがあります。YKK AP公開されたWEBコンテンツ、「網戸の教科書」に虫の侵入対策が掲載されています。下記のURLからご確認ください。

 

プレスリリースから

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、換気の重要なアイテムである網戸について、虫の侵入を減らす正しい使い方や掃除の豆知識など、お役立ち情報をまとめたWEBコンテンツ「網戸の教科書」を、2021年4月28日に当社ホームページ上で公開いたしました。

新型コロナウイルス感染予防として「換気」が注目され、住まいや職場、飲食店などさまざまな場所で「窓を開けて換気をする」ことが定着化しました。一方で、「網戸を閉めているはずなのに、虫ってどうして入ってくるのだろう?」というお悩みも聞かれます。そんなお悩みに対して、窓メーカーであるYKK APが、虫の侵入を減らす正しい網戸の使い方を、動画を使って解説します

 

網戸使用時の虫の侵入対策

虫の侵入対策

虫の侵入を減らすためには網戸と室外側の窓の配置が大切です。

網戸のフレームにあるモヘア(※1)部分(室内側についている網戸本体とガラス障子のすき間から虫が入ってこないようにするための部品)と窓のフレーム部分を重ねて網戸と窓の間にすき間を作らないことがポイントです。

そのためには窓を全開状態で使用するか、半開時には室内側の窓を開けるようにして、室外側の窓は閉めた状態で網戸を使用してください。室内側の窓を開けて、網戸を使用する方が換気量も調節できおすすめです。

※1:モヘアとは、室内側についている網戸本体とガラス障子のすき間から虫が入ってこないようにするための部品のことです。

 

■WEBコンテンツ「網戸の教科書」概要
<URL>https://www.ykkap.co.jp/consumer/satellite/articles/products/amido_textbook/knowledge01.html

 

出典:PRTIMES「虫の侵入を減らす、正しい網戸の使い方って?~ WEBコンテンツ「網戸の教科書」を公開 ~」

to top

page
top