匠建枚方のひらつーまとめ記事|匠建枚方 新築ブログ|一戸建ての購入に役立つ情報と注意点

BLOG 匠建枚方 新築ブログ

2018年04月20日

匠建枚方のひらつーまとめ記事

 

ひらつーへのまとめリンク集

画像をクリックすると枚方つーしんの記事に移動します。

 

「ワンコと暮らすオトナの家」にはペットの個室つき!料理も掃除も全部が楽しい♪ニオイなし、結露なし、文句なし!【ひらつー不動産】

新築一戸建てのオーナー I様ご夫妻

2018年04月29日20:00時に投稿

匠建枚方で古い平屋の家を建て替えられたI様ご夫妻。インタビューにうかがいました

インタビューから抜粋します。

大好きな愛犬と暮らすため、なんとワンちゃんのお部屋まで作ったという「家が楽しい!もう毎日主人に”ありがとう”って言ってる」と笑顔いっぱいのI様に、気になるあれこれを聞いてきました!

「この部屋全く結露がないんです!!!」「まったくない!冬場めっちゃ部屋ぬくいのに。建て方かな?」

「何か生活は変わりましたか? 」「めっちゃ楽しいです!何するのも楽しいです。料理するのも掃除するのも全部!!」

「では最後に、匠建枚方で家づくりをされていかがでしたか?」「なんせ親切。家も最高。思った以上のものができるって言うんですかね。この価格なのにここまでっていう。だからほんとに匠建枚方さんで良かったって」

 

見かけたらラッキー!枚方市内も走ってるクラシックマイクロカーと注文住宅専門店の不思議なご縁の話【ひらつー不動産】

ブブ501号が匠建枚方の社屋に

2018年03月24日21:00に投稿

kaoru.bubuさんがこの光岡自動車のマイクロカー「BUBU501号」を乗り始めたきっかは、2015年に寝屋川で当時中学生だった子たちが巻き込まれた悲しい事件があってから。その時期、街に警官が目立つようになったそうです。「もちろん安全のためにしょうがないとは思うんですが、街自体が暗くなってしまった気がして、何かみんなが顔をあげられることはないか」と考えられマイクロカーを乗るようになったとお聞きしています。

kaoru.bubuさんと匠建枚方がであったのはインスタグラムです。そのインスタで親交を深め、一度事務所にこられみんなで撮影会を楽しんだときに、枚方つーしんの取材の話をしたら快諾してくださり、この日の記事でご紹介することとなりました。それ以降もさらに楽しみな話をうかがっています。機会をみて、みなさまにマイクロカーをご披露する日も近いと思います。

 

60坪の土地にドドンと建つ注文住宅を訪問!押さない営業と圧倒的な知識量に魅せられたお客さまのホンネの話【ひらつー不動産】

T様のお子様二人

2018年02月12日20:00に投稿

注文住宅をご建築いただいた、T様さまへのインタビューです。インタビューしたのは、カネゴン@ショウケン(現場管理)、モリー@ショウケン(設計部)にカトゥー@ひらつーさんも同行。外観や室内の写真もご紹介しています。

インタビューから抜粋します。

(旦那様)「この広さで私たちが購入した金額の物件は、今はもうないと思います。この家は64坪あるんですが、売り主さんのご意向やタイミングもあって、購入直前にもまけてくださって」(奥様)「すごくラッキーな物件を(匠建枚方の営業担当者に)ご紹介していただきましたね。自分たちで探していた中でこんなにいい条件のところはなかったのです」

(奥様)「設計士さん、私の質問にもめっちゃ的確に答えてくださって、設計の打ち合わせも1回あたり2時間確保してもらっていたと思うんですが、いつもオーバーしてましたね。気がつくとこんな時間!っていうくらいあっという間に時間が過ぎて(笑)」(旦那様)「営業さんもすごかったですが、設計士さんもまた質問に対する回答がすごいんですよ。本当に知識量が違うんです」

 

成長が “ロケットのように加速中!?” の会社に就職チャンス!「とことん自由な住まいづくり」を支える新メンバーはあなただ!― 匠建枚方【ひらつー 求人】

匠建枚方のスタッフ

2017年12月22日08:00に投稿

ひらつー求人に掲載している「匠建枚方の求人広告」です。記事の冒頭を抜粋します。

匠建枚方は、自由な設計の注文住宅をとおして、お客さまの理想のマイホームづくりを追求し、お手伝いする会社です。利益重視ではなく、全員が施主様の立場にたち物事を考え判断できる、そんな働き甲斐のある会社になります。

お客さまにはご予算がありますので、どうしても夢と現実にギャップが生じます。仕様や商品構成を限定しないのは、自由という武器を最大限にいかして、どのような状況でも、ご満足いただく提案をするためでもあります。当社は、個人の能力を思う存分発揮できるんですね。

裁量の範囲が広く難しい仕事ではありますが、完成した時に「施主さまの喜びに満ちあふれたお顔」を拝見すると毎回感慨深いものがあり、やり甲斐のある仕事だなぁと実感します。

 

パナソニック賞を受賞した洗面室とは!?注文住宅は絶対無理だと思っていたのに夢が叶ったヒミツは逆計算の家づくり!?【ひらつー不動産】

竹下様のご自宅前にてみんなで記念撮影

2017年12月21日08:00に投稿

注文住宅をご建築いただいた、T様さまへのインタビューです。

インタビューから抜粋します。

(奥様)「正直なところ、5年前はお金のところだけで家のことを考えていました」「ただ、5年の間にスマホでSNSから色んなイメージの画像を集めたりしていると、自分が納得いく家を建てたいし、住み心地がよくて、居心地のいい家…となると、やっぱり注文住宅かなと考え始めるようになりましたね」

「でも注文住宅は高いというイメージもあって」「最初は絶対無理だろうな〜と思っていたんです。ですが、主人の会社の先輩が『匠建枚方さんで注文住宅を建てた』と聞いて、そこから匠建枚方さんのサイトを見て、コストパフォーマンスの話などもぎっちり書かれているのでしっかり読ませてもらって、ここなら注文住宅を建てられるかも…と思って連絡しました」

「一番最初に今まで集めたオシャレな家の写真をみせて聞いたんです」「注文住宅で建てたい家のイメージがあるんですが、できますか? この金額で建てられますか?と」「そしたら渡邊さんが『大丈夫です!絶対にできます!』と言ってくれて」

 

このつづきは下の画像をクリックしてご覧ください

リンク集

 

to top

page
top